News

書き込みの検索
鉄道業界のプロのBIM会社
관리자 (ksinsu3) 表示回数:36 推薦数:0 222.237.27.146
2021-06-09 14:23:19

テソンSNI、鉄道BIMソリューションのトップ企業の飛躍 

鉄道の日特集|鉄道産業のR&D専門企業が走る 

鉄道・港湾分野の国内外BIMプロジェクト実行 
設計・施工・CM・システム・可視化「トータルサービス」
 

「現場での書き込みに不便なBIMは豚の首の真珠にネックレスや画像の餅と同じでしょう。」 
キム・ソンフンテソンSNI代表は土木BIMが活性化になるためには現場の技術者が使いやすい手順とソリューション、アイテムの開発などに注力しなければならないと強調している。 
BIMを「ツール」として適用するのではなく、安全管理、設備施工性の検討などの効用価値を高め、高付加価値のエンジニアリング技術に適用しなければならないということ。実際に彼が率いるテソンSNIは融合技術としてのBIM技術を披露している。 

鉄道・橋梁などの土木分野BIM代表企業に選ばれているテソンSNIは、設計・施工・CM・システム・可視化など、各分野の専門家達が集まったトータルサービスグル​​ープである。 

「テソンSNI」という会社名で出発して1年も経ってないのだが、約4年前から今の従業員たちと一緒に100個以上のプロジェクトを進行した。特に鉄道・橋梁・港湾分野で頭角を表しており、注目されている。現在進行中のプロジェクトも20個以上にある。 
この会社は、鉄道・道路、構造・橋梁、地下鉄、トンネル、水、港湾、団地などの建設プロジェクトに計画、設計、施工、維持管理段階でより効率的に業務を遂行するために、原価改善案を提示している。 
BIMベースの設計検討、工事計画のBIMの構築、デジタルモックアップは、Webベースの4D・5Dシステム、バーチャルリアリティ機器の操作シミュレーション、バーチャルリアリティアバター安全管理システムなどを披露している。 
プロジェクト遂行実績も注目すべきである。湖南高速鉄道1-1工区BIM適用をはじめ、サムスン建設、双竜建設、大宇建設、現代建設、大林産業、ポスコ建設などの大型建設会社が進行している各地域土木事業のBIM構築を担ってきた。 
湖南高速鉄道3-3、3-1工区BIMの構築、黄海複線電鉄5工区BIM構築、ベトナム港湾ケーソン鉄筋DMU、釜山都市鉄道BIMの構築、シファマルチ3工区団地BIMの構築、洛東江排水閘門仮設段階BIM構築など、数多くの成功事例を保有している。 
このような実績はテソンSNIが外国でも見つけることが難しい独歩的なBIM実力を披露しているからである。現場の技術者の意見を聞いて適用効果を高める事に注力しながら、自然に独創的なアイテムを開発したという説明だ。 
キム・ソンフン代表は「土木設計施工者の目線に合わせたソリューションを開発し、現場カスタマイズ式のアイテムを作っていくことが目標」と述べた。 

 

湖南高速鉄道1-1工区の区間で京釜高速鉄道の運行線を横断する超大型鋼橋の設置のために、仮想現実シミュレーション工法を適用している姿。 
ソース: 国土日報 (http://www.ikld.kr) / (http://www.ikld.kr/news/articleView.html?idxno=27026) 

 

コメント[0]

展開 閉じる