News

書き込みの検索
キム・ソンフン代表が韓国安全学会主催のセミナーでスピーチを行いました
관리자 (ksinsu3) 表示回数:114 推薦数:0 222.237.27.146
2021-06-09 15:29:05

 

- ニュース記事の簡単な要約 -

産業分野に応用されている第4次産業技術の安全管理の今後の戦略について議論が行われました。

韓国安全学会は、COEXで「第4次産業革命時代の安全管理のパラダイムを変える」をテーマにセミナーを開催しました。

 

このセミナーは、第4次産業技術を導入によって開発されたスマート建設技術を含めて、将来の安全管理パラダイムについて話し合い、技術を効果的に適用する方法について話し合うことを目的としていました。

 

TAESUNG SNIの社長であるキム・ソンフン氏は、「第4次産業時代の仮想建設と安全管理計画」を紹介しました。

 

現時点では、技術の安全性を確保するために、人間中心のイノベーションを確保するための技術的方向性を確保することが提案されています。

建設現場では第4次産業技術が導入し始めているため、実際の適用事例や安全管理の効果を慎重に検討する必要があるとのことです。

 

 

記事のリンク: http://www.safetynews.co.kr/news/articleView.html?idxno=125742

 

コメント[0]

展開 閉じる