News

書き込みの検索
Construction Tech Reviewに掲載された記事
관리자 (ksinsu3) 表示回数:157 推薦数:0 222.237.27.146
2021-06-09 15:37:13

最近、キム・ソンフン代表はConstruction Tech Reviewでインタビューを行いました。

 

記事タイトル:TAESUNG SNI:スマートコンストラクションの扉を開く-BIM

 

- ニュース記事の要約 -

アジアの人口が増加し、スマート都市の需要が増えて公共交通システムと再生可能エネルギーへの関心が高まっている。

そして自然にBIM技術を通じた継続的なインフラ開発への需要も増えている。

 

韓国を例に挙げると、2016年からすべての公共の建物の建築事業は、BIMを利用する必要があり、道路建設関連産業にもやはりBIMを使用しなければならない。

同じく、シンガポール、日本、オーストラリアなどの国々も同様の動きを見せている。

特に、世界的にコロナ19ウイルス拡散の後にこのような傾向はさらに強まった。

 

総合ソリューションプロバイダーとしてTAESUNG SNIは、韓国とシンガポールで最大のBIMエンジニアリングサービス会社であり、いくつかのグローバルプロジェクトに焦点を当てている。

キム・ソンフン、TAESUNG SNI代表理事は「TAESUNG SNIは、単純なBIMのサービスプロバイダではありません。私たちが提供するのは、スマート構造のための最先端のソリューションです。」と言った。

 

4D、5D、または建築設備アニメーションなどを含む様々なソリューションがすでに出ているが、顧客のニーズを合わせるのを見つけるのは難しい。

しかし、TAESUNG SNIは、お客様のニーズに合わせて開発する事ができるバーチャル建築システムを開発し、数多くのプロジェクトにこれを適用し、さらに改良している。

キム・ソンフン代表理事は、「私たちのサービスは、初期の段階から必要書類を準備することを通じて、量的調査のための材料の確保、BIMをベースにした様々な方法模索、BIM活用計画を通じた計画の確立を含んでいます。」と説明した。

 

TAESUNG SNIは比較可能なBIMモデルの様々なスマート建築工法の利用と仮想建築システムを含む、さまざまなスマート建築工法を、世界250以上のプロジェクトで披露した。

TAESUNG SNIの顧客は、概して、効率的で安全な構造方法の紹介を初期の段階で、あるいは建築段階で要求する。

キム・ソンフン代表理事は、世界最大規模の鉄道デポプロジェクトであるシンガポールのT301プロジェクトを例に挙げ、初期の段階で関係者にどのような方法で効率的かつ安全に進行ができるのかを、

他の候補者との事例を比較しながら示したとしている。相違点と問題点を比較することで、バーチャル建築システムを介してこれを見せてくれた。

TAESUNG SNIのお客様は、これを理由に良いスコアを与え、プロジェクトの受注をすることができたという。

また、TAESUNG SNIは、現場技術者の意見を尊重し、最高の効率を出すことができる装置との計画を策定して進行できるように支援を与えるという。

 

TAESUNG SNIの成功の秘訣は、高い効率を誇るメンバー達である。 TAESUNG SNIは専門家を養成するために多くの努力を傾け、人材発掘のために努力している。

キム・ソンフン代表理事はこれについて、「私たちは主要なBIMソフトウェア会社(Autodesk、Bentley)と連携した教育研究所を運営するほどの実力を備えており、職員達が様々な技術を身につけて、

これを訓練することができるようにします。このBIMスペシャリストは、プロジェクトと連携した特別なBIMチームに入って、プロジェクトの確立、設計、建築に参加して活動するようになります。」と言った。

また、会社のさまざまな方式の技術を通じた競争力と戦略も成功の秘訣の一つである。TAESUNG SNIは、現在、様々なIoTとAIソリューションを合わせ、デジタルツインプラットフォームを開発している。

韓国で会社を設立したが、初期の段階から多様な文化関連団体を通じた多様性の確保も注目に値する。

さらに、TAESUNG SNIは、従業員に技術的に「挑戦し、変化する情熱」を強調してそれに必要な環境の造成もしている。

 

TAESUNG SNIはAPACの重要主要都市で最高のBIMベースのスマート建築コンサルティング会社としての地位を確立することを目指している。

それに合わせ、TAESUNG SNIは中東から日本、ヨーロッパやアメリカでの活動を行う予定である。

キム・ソンフン代表理事は、「私たちのユニークなバーチャル建築システムは継続的にアップグレードされるものであり、BIMベースのデジタルツインシステムは実際の活用可能ステップと

施工完了後に整備をすることができる段階にまで開発できました。これにより、BIMシステムを使用している建築プロジェクトのすべての段階を管理することができるようになるでしょう。」と言った。

 

 

ソース: https://bim-apac.constructiontechreview.com/vendor/taesung-sni-opening-doors-of-smart-construction-cid-497-mid-45.html

 

 

コメント[0]

展開 閉じる