News

書き込みの検索
TAESUNG SNI、BIM 「ISO 19650」認証取得
관리자 (ksinsu3) 表示回数:363 推薦数:0 222.237.27.146
2021-06-24 14:52:46

 

タイトル:グローバルBIM専門企業 TAESUNG SNI、 韓国の民間企業の中でISO19650認証を初めて取得

                                                                                                                 イ・ギョンオク記者

                                                                                                                 2021.06.17 16:25

 

- Building Information Modelling(BIM)分野の国際標準である ISO19650の認証

 -  民間企業の中で最初の認証取得、公共機関の韓国空港公社に続き韓国で2番目

 - シンガポールで代表的なインフラBIM専門企業として成長

 

 

      [国土日報 イ・ギョンオク記者] BIM専門コンサルティング企業TAESUNG SNIは英国王立規格協会(BSI)を通じ、

      韓国民間企業では最初でビルディングインフォメーションモデリング(BIM)情報管理の国際規格認証であるISO19650を取得した。
      ISO19650は、「建築と土木工事のBIMベースの情報管理」の国際標準である。

 

      テソンSNIのキム・ソンフン代表理事は「国内の建設事業ではまだ国際標準に基づくBIM遂行が要求されてないが、
      グローバルプロジェクトでは、これに対する認証まで要求されている」と言い、「テソンSNIは今回の認証とこれまでのグローバルBIM事業遂行の経験に基づいて、
      発注先と企業が国際標準に沿ったBIMベースの情報管理をより体系的に準備することができるように関連コンサルティングサービスを開始する予定です」と話した。

 

     2012年に設立したテソンSNIはこれまで、カタールのドーハメトロをはじめ、インフラ分野にBIMが義務適用されている中東やシンガポール、
     オーストラリア、日本などで多数の大型グローバルBIMプロジェクトを遂行している。

 

ビルディングインフォメーションモデリング(BIM)
​情報管理の国際規格認証ISO19650認証プレート

 



特に、会社全体の技術者の50%がシンガポール支社所属であるほど海外売上高が半分を占めている。

 

また、会社設立当初からISO 9001の認証を取得し、BIM事業分野の体系的な品質管理をしてきた。

 

シンガポールでは世界最大の規模で世界初のビル型車両基地であるT301プロジェクトを含め、合計13箇所の設計と施工段階BIMプロジェクトを遂行している。

 

特に、シンガポール南北連結道路(NSC、North-South Corridor)の全13箇所の工区のうちの半分に相当する6つの工区でのBIM遂行を担当しており、
シンガポールの現地でも影響力があるBIM会社だ。

 

これにより、シンガポールの代表的発注先である陸上交通庁(LTA)の主要なパートナーとして、様々なBIM関連の発表やイベントにも参加している。

 

原文はここで  

 

他の記事 1

 

 

コメント[0]

展開 閉じる